八戸のトロッコ列車

八戸で石灰石を輸送していたトロッコ列車を製作しています。

試作品

実車は今も八戸市内で保存されており、試作品は保存されている編成をモデルにしています。

実車の様子と3Dスキャンデータはこちらで紹介しています。

保存されている機関車、貨車、人車の3種類の車両を製作しています。

機関車の試作品
貨車の試作品
人車の試作品

機関車は5部品で構成されます。

機関車の全パーツ

機関車はナローガレージ製動力ユニット(品番NG-BP1707)を組み込むことで走行可能になります。

貨車と人車の走行にはKATO製車輪(品番11-605/606)が必要です。

走行の様子
保存車と同様の編成

10/2の軽便祭で先行販売の予定です。

タイトルとURLをコピーしました